【日帰り・バス】ロシア・ウラジオストクからナホトカへの行き方

ナホトカのバスターミナル

この日は日本人抑留者の墓地を参拝するため、バスに乗って日帰りでナホトカを訪れました。この記事では、ウラジオストクからナホトカへ、バスで日帰りするための行き方を紹介します。

ウラジオストク駅からタクシーでバスターミナルへ

朝6時前、ウラジオストク駅の前に停まっているタクシーを捕まえます。夜明け前でしたが、数台のタクシーが待機したのでスムーズに乗り込むことができました。

Googleマップを見せて「Автовокзал」(アフトヴァグザール)へ行きたいと告げます。ただ、これだけだと単に「バス停」という意味になるので、隣接する駅の名前「Вторая речка」(フトラーヤ・レチカ)のアフトヴァグザールに行きたい、と言ったほうがいいかもしれません。いずれにせよ、英語はまったく通じませんでした。

7時半ごろバスターミナルに到着しました。ここからはナホトカ以外にも中国東北部へ向かうバスも出ていて、早朝にも関わらず意外と人がたくさん。

ウラジオストク – ナホトカ間の時刻表です。午前中はおよそ1時間に1本出ていますね。

チケットを購入しました。価格は片道354ルーブル。

乗り場はいくつもあるので注意が必要です。

ナホトカ行きのバスに乗車

7時半過ぎ、バスに乗り込みます。ターミナルの時刻表の写真ではマイクロバスでしたが、実際は大型バスでした。

車内へ。汚くはないのですが古臭い感じです。案の定寒いので上着を羽織ります。

バスはウラジオストクからАртем(アルチョーム)、そしてナホトカへA188道を東へ進みナホトカへ向かいます。途中見える景色はいたって単調です。

ナホトカからウラジオストクへ戻る際のバスはもっとボロくて、雨漏りが・・・ 幸い空いていたので別の席に移動しました。

途中のトイレ休憩で人種差別?

バスが停まると野良犬が餌を求めて近寄ってきました

片道4時間以上かかるため、途中2回ほど休憩がありました。

このときショックだったのは、恐らく人種差別っぽいことをされたこと。トイレに入ろうとしたら、入り口近くに座っている若い男数人が、何やら私のことを指差して笑っています。

無視して中に入ろうとすると、手で追い払われるような仕草をされました。そこまでトイレに行きたいわけではなく、念のため行っておこうか程度だったこともあり、諦めてバスに戻りました。

日本からそれほど離れていないのはもちろん、すぐ近くで中国と国境を接しているにも関わらず、バスの乗客や街を歩く人々はすべて白人。ここはアジアではなくて、ヨーロッパの端の田舎なんだなと痛感させられました。

クッキーなど食べるものは購入できます。

ナホトカのバスターミナル着

定刻通り12時にナホトカのバスターミナルに到着しました。

バスターミナルの前の道Nakhodkinskiy Prospektには路線バスが走っており、北へ行くとナホトカ駅、南へ行くと日本人墓地へ行くことができます。