【安宿】バックパッカーにおすすめ!シアトルで日本式のお寺に宿泊(AirBnB)

今回のシアトル旅行は1人旅ということもあり、とにかく安いバックパッカー向けの宿を探していました。そこで見つけたのが日本式のお寺。アメリカで、お寺の本堂で宿泊するという変わった体験でした。

AirBnBで予約

ダウンタウンから徒歩圏内で安めの宿を探していると、変わった写真を発見。これはお寺?!名称は「Shared Space Main Temple Hondo」とあります。

調べてみると、シアトル長栄山円教寺の本堂の一部を、宿泊できるようにベッドを並べているそう。お寺の本堂で一夜を明かすという経験は日本でもなかなかないと思うので、ここに泊まることにしました。

バス停からのアクセスよし

バンクーバー〜シアトル間を結ぶバスの多くは、ユニオンステーションから少し南のところが停留所になっています。

その停留所からまっすぐ北へ3ブロック歩いたところにお寺が入る建物があるので、バス移動の際は便利です。

お寺には見えない外観

アメリカにある日本のお寺というと、ロサンゼルスのリトル東京近くにある西本願寺のイメージがあるのですが、ここの場合は普通の建物の2階部分に入っているので、外見からはお寺があるとはわかりません。

交差点に面した建物です。写真の右側の方向へ進むとバス停留所があります。

北側に入り口があります。インターホンでAirBnBの利用者であることを告げ、中に入れてもらいます。

2階へ上がるとお寺っぽくなってきました。かすかにお香の香りもしてきます。

中は思った以上にお寺でした!

チェックイン時間になると、管理人の方が、空いたスペースに3人分の折りたたみベッドと衝立をセットしてくれました。さすがに畳+布団ではないのですね笑

Perfumeのライブに行くため一旦外出するまでは他に誰も来ませんでしたが、23時過ぎに戻ると他の2人がすでに寝ていました。

設備は最低限

トイレとシャワーがありますが、タオルはなかったので持参したものを使いました。また、湯沸かしポットもあり、自由に使うことができました。

大きな本棚に仏教関係の本がたくさんあったのですが、手にとったのは70〜90年代の日本の留学関係の本。イラストが時代を感じさせますね。

バブル期は東京で一人暮らしをしながら私大に通うより、LAに留学したほうが安いと言われていたと聞いたことがあります。今よりも日本が強かった時代だとは思いますが、インターネットがない留学生活は想像できませんね…

朝食は近くの中華

翌朝、近くで朝から食べられるお店を管理人の方に尋ねると、すぐ近くに安くて美味しい中華のお店があるとのこと。

5ドルほどで温かいお粥とパンなどを補給できました。Dim Sum Kingというお店です。

最安ではないが変わった経験

料金は日によって前後しますが、私が宿泊した4月11日(水)〜12日(木)で¥5,828でした。ギリギリ5,000円を切るところもいくつかありましたが、ダウンタウンかつバス停のすぐ近くという立地と、お寺に泊まるという体験を考えればリーズナブルだと思いました。