バンクーバーのクラシックカーイベントで、イギリス・イタリア・フランス車を堪能

年の割に古いクルマが好きな私。特に70〜80年代のヨーロッパ車が大好きで、優美さと繊細さを兼ね備えた車体を見ると興奮してしまいます。

ここバンクーバーは北米ということで、街中を走るのはアメ車や日本車のほうが多い印象ですが、天気のいい季節になるとさまざまな車イベントが開かれます。

今回は、私が最近見に行った2つの欧州クラシックカーイベントイベントを紹介します。なお、車自体の詳しい知識は持ち合わせていないため、個々の車の解説は割愛します。

Vancouver All British Field Meet

  • 開催日:2019年5月18〜20日(Victoria Dayの3連休)
  • 場所:ヴァンデュッセン植物園、ウェストバンクーバー、ウィスラー
  • ブランド:アストンマーティン、ベントレー、ジャガー、ランドローバー等

このイベントは、BC州の祝日Victoria Dayを含めた3日間かけて開催されます。

まず初日は、バンクーバー中心部の植物園VanDusen Botanical Gardenに参加車が集まります。展示会場へ行くためには入場券の購入が必要です。Eventbriteで前売り価格で購入することができます。

今回実際に私が見に行ったのは、2日目のVancouver-Whistler All-British Runです。この日はイベントの2日目です。

参加車が早朝にウェストバンクーバーのショッピングモール、パーク・ロイヤルの駐車場に集合したのち、ウィスラーへ出発します。

朝8〜10時ごろの限られた時間の中で、植物園のような美しい環境ではありませんが、各車両のエンジン音をもれなく聞くことができます。

公式サイトがどれかわからなかったのですが、最も多く情報が掲載されていたのはこちらのページです。
2019 Vancouver All-British Show & Whistler Run Information | Western Driver

Italian and French Car Show

  • 開催日:2019年6月17日(父の日)
  • 場所:ウォーターフロントパーク(ノースバンクーバー)
  • ブランド:アルファロメオ、シトロエン、デトマソ、フィアット、ランボルギーニ、ルノー等

イタリア&フランス車がノースバンクーバーのシーバス乗り場近くの公園に集まります。こちらのイベントはクラシックカーに限定されているわけではなく、最新のランボルギーニ・ウラカンも来ていました。

また、2輪車ではドゥカティのバイクや、ジオスなどのロードバイクも数台見かけました。

詳しい情報はこちらからも見られます。
Vancouver’s Father’s Day Car Show. – Vintage Car Club of Canada
Italian and French Car Show 2019(Facebookページ)

バスや自転車で手軽に行けます

写真のチョイスで私の好みがバレてしまいますね…イタリア車だとアルファロメオのジュリアやジュリエッタ、イギリス車はジャガーEタイプが特に好きです。

どちらのイベントも、バンクーバー市内のバスやシーバスで手軽に行ける場所なので、興味がありましたらまた来年以降ぜひ見に行ってみてください。