Superdry 極度乾燥(しなさい)が好きな理由と、税関没収の可能性

ファッションにあまり興味がなく、私服はユニクロ、無印良品、モンベルでしか買わない私。

そんな私が海外旅行の度にチェックしているブランドが、Superdry 極度乾燥(しなさい)です。イギリス生まれで、世界40カ国以上に店舗を展開しています。

今回は私がこのSuperdryを好きな理由と、現在持っているアイテム、そして残念なニュースをご紹介します。

初めての出会いは2011年

私が初めてこのブランドを知ったのは2011年のイギリス。郵便局で並んでいたとき、目の前の人のメッセンジャーバッグに目が点になり、思わず写真を撮ってしまいました。

その後海外を訪れる度にこのブランドを見かけ、各国のストアで最新アイテムをチェックしていましたが、なかなか欲しいデザインに出会えませんでした。

そして2017年、アメリカ・ラスベガスで、初めてウィンタージャケットを購入しました。

着ていると目立つ

変な日本語のロゴが入っているせいで、日本で着用していると他の人の熱い視線を感じるときがあります。

街を歩いているとき、信号待ちをしていると、後ろにいる人から「ねぇ見て、あの人の服、極度乾燥って書いてるよ」と言われることがよくあります。着ている私にもはっきり聞こえる声でです。

エスカレーターで、後ろに立っている人にスマホで撮られることもありますが、私個人としては嫌な思いはせず、むしろどんどん撮ってほしいです。

まぁさすがに「服もダサけりゃ着てるヤツもダサい」なんて画像付きで晒し上げツイートされると深く傷つきますが…

外国人だと思われる

さらに面白いのは、「どこの国から来たんだろうね」「何人(なにじん)だろう」と言われることです。「変な日本語が入った服を着ている→着ている人は日本人ではない」と認識されているのでしょうか。

今年のはじめ、六本木ヒルズのエレベーターに乗っているとき、私のバックパックのファスナーが少し空いていたのですが、同乗していた男性に「あー、ユアバッグ、オープン」と英語で話しかけられました。

英語で返事をするのも変だと思い、普通に「あ、すみません、ありがとうございます」とお礼を言ったのですが、今度は向こうが驚いた様子で(えっこの人日本人だったのかよ…大阪弁混じってるし…)、展望フロアに到着するまでの間、気まずい雰囲気になってしまいました。

同じジャケットを着たアメリカ人と遭遇

2017年の春、新大阪駅のでの出来事。新幹線を降りてプラットフォームを歩いていると、向こうから英語を話す外国人の集団が。よく見ると、全く同じジャケットを着た人が!と思わずガン見。

向こうも視線に気づいたらしく、思わず駆け寄りお互い大笑い。記念写真を撮ってもらいました。

左が私、右が旅行で来日したアメリカ人です。

話を聞くと、年明けにアメリカ・ラスベガスの店(ベラージオの向かい)で買ったとのこと。買った店も時期も同じだったとはなんという偶然!

あと、今写真を見直していて思ったんですが、この人、身長は私とあまり変わらないのに小顔でスタイルいいよなぁ…

最近は中国語っぽい?デザインが増えている

https://www.superdry.com/mens/hoodies/details/91257/vintage-logo-tri-hoodie-navy から転載しました

そんなSuperdryなんですが、最近のデザインは正直あまり好きではありません。日本語の「極度乾燥(しなさい)」というロゴではなく、全て漢字の中国語っぽいデザインが増えてきているからです。

これって簡体字なんでしょうか?ちゃんと意味が通じているのか、それとも日本語同様におかしな表現になっているのか、中国語の知識がないのでわかりませんが、やっぱりひらがながあるとないとでは全然印象が違いますね。

日本からアクセスできない公式サイト

公式サイトはこちら https://www.superdry.com/ なのですが、現在日本からアクセスするとエラーメッセージが出て見ることができません。理由については後述の商標の関係と思われます。

こちら、カナダからアクセスすると問題なく開くことができました。

 

私のSuperdryコレクション

今私が持っているSuperdryのアイテムは2つです。

ウィンタージャケット

※変なポーズをしているのは、この記事のためではなく、ゴールデンゲートブリッジの前で同僚に写真を撮ってもらったからです。

 

襟の部分は外側が英語、少し開くと反対側の日本語ロゴが見えるようになっています。また、内側の日本語が笑わせてくれます。

公式の二重黒いラベルの衣服。

補強された機械化の技術を使用してそして

独特な合わせた設計特徴と作られる。

長寿および強さのため。

極度の乾燥した仕事の摩耗の会社の著作権をとりなさい

英文を機械翻訳にかけたようですが、最近のGoogle翻訳でももうちょっとまともに訳してくれるはずでは…

この手の怪しい文章は、漢字部分が中国語の字になっていることがよくあります。「补强された机械化技术を使用」「独特な合わせた设计特徴」みたいに。けれど、Superdryの場合はちゃんと日本語のフォントが入っているようですね。

バックパック

続いて今年2018年夏、スペイン・マドリードのストアで、バックパック(75ユーロ)を購入。思わず紙袋に入ったまま写真を撮ってしまいました。レシートも写ってるし…

一番の笑いのツボは、右側面のカード入れ。「◯極」って!とりあえず店頭に置いてあったショップカードを入れておきました。

買っときゃよかった大阪Tシャツ

2016年にギリシャ・アテネの空港のショップで見つけたのは、私の地元・大阪の文字が入ったTシャツ。全てアルファベットだったので購入しませんでしたが、今見ると買っておけばよかったです。

日本で購入できる場所は?

残念ながら、現在Superdryは日本に進出していません。というか進出できません。一部の業者が輸入代行を行なっているようですが、私は利用したことはありません。

ですので、手っ取り早く現物を見たい場合は、日本から1番近い国のストアへ行くのが早いです。

近隣諸国に実店舗あり

現在、日本の近くでは

  • 韓国(驪州、大邱、釜山)
  • 中国(北京、上海、香港、澳門)
  • 台湾(台北、台中、台南、高雄)

に実店舗があります。他にもフィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシアなど東南アジアにも。公式サイトのStore Locaterで調べることができます(日本からはアクセス不可)。

香港のストアへは2015年に訪れたことがあります。それほど広くはありませんが、最新のアイテムはちゃんとありました。

ついに日本への持ち込み禁止に

そして最近、ツイッターで知ったこと。日本の税関が持ち込み禁止にしているとは知らなかった…

普通にこのジャケットを着たまま羽田の税関を通ってきちゃいました。

申立者はやはりビール「スーパードライ」でおなじみのアサヒ。分野が違うとはいえ、ダメなんですね…

税関のサイトはこちら: 商標権 : 「SUPERDRY」 : 税関 Japan Customs

かっこいいデザインと変な日本語のロゴという、シュールな組み合わせが気に入っているブランドなんですが、こういう形で正式にダメと言われると残念です。

今のところ実際に没収されたという話は聞いたことがありませんが、今後の動向に注目したいと思います。

おまけ:バンコクで見つけた似たやつ

2013年、タイ・バンコクで見つけたものがこちら。

いやー問題あると思うよ!!!

これこれこういうの欲しい!どこで買ったのか聞けばよかったと今でも後悔。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする