【今なら取りやすい】ANA 羽田=ウィーン路線 ビジネスクラス特典航空券の空席をチェックしてみた

R2-D2ジェットがウィーンにも飛来しそうですね!

先日、ANAから新規路線「羽田=ウィーン線」開設のニュースがありました。昨年のメキシコシティに続く、ボーイング787での新規路線です。

ウィーンというと、昨年オーストリア航空が成田=ウィーン路線を再開したのも記憶に新しいところですよね。

さて、新しく路線が開設されるということは、1度に大量の特典航空券枠も開放されるということを意味します。

現在ANAは6路線のヨーロッパ直行便がありますが、とても人気が高く、繁忙期はなかなか予約が取れません。

しかし、今回は約8ヶ月分の特典航空券枠が一気に開放されます!

いろいろな日付で空席情報を確認してみた

というわけで、2018年10月24日(水)現在の、羽田発ウィーン行きの空席状況を確認してみました。

なお、私の現在の会員ステータスはANA プラチナ会員です。ダイヤモンドやブロンズ、スーパーフライヤーズなどの異なる会員ステータスをお持ちの方は、検索結果も異なる可能性がありますので、あらかじめご了承願います。

GW・お盆休み真っ只中はほぼ全滅

 

2日前の10月22日に予約が開始された直後から確認していたのですが、この2日ほどでゴールデンウィークやお盆休みはほとんど空席待ちになってしまいました。

出発を土曜ではなく、前日の平日金曜日や月曜日にずらしても、両クラスとも空席待ち、もしくはエコノミーしか空いていない状況です。

では、逆にいつの日程ならまだ予約が取れるのでしょうか?というわけで、週末に羽田から出発・帰国する旅程で、エコノミー・ビジネスともに空席がある日程をいくつかご紹介します。

土曜出発・土曜帰国、ビジネスで空席ありの日程は?

いろいろと日程を変えて調べてみたのですが、すでに5月〜8月の週末に出発・帰国する日程のビジネスクラスは、ほぼ空席待ちのようでした。

ここでは、

  • ビジネスクラス1名
  • 4月〜8月
  • 往路:土曜発(金曜夜に羽田へ移動、深夜にウィーンへ出発)
  • 現地に5泊6日滞在
  • 復路:金曜発(金曜お昼にウィーンを出発、土曜の朝に羽田に帰国)

という条件で、現在空席がある日程をご紹介します。

4月:最初の週末に空席あり

4月は最終週以外まだ残っているかと思っていましたが、意外と初週しか空いていませんでした。

4月6日(土)羽田発・4月12日(金)ウィーン発

4月最初の週末出発です。オフシーズンなので8万マイルで取れますね。

5月:後半週末で空席あり

4月末から5月前半のゴールデンウィーク期間、ビジネスクラスは全滅、エコノミーは日をずらせばわずかに残っているところですが、1〜2週ずらせば週末出発でも空席がありました。

5月18日(土)羽田発・5月24日(金)ウィーン発

ゴールデンウィークが明けた次の週末の出発も空きがありました。

5月25日(土)羽田発・5月31日(金)ウィーン発

5月最終週もまだ大丈夫です。

6月:全ての週末で空席あり

現在、全ての週末で空席があります!

ウィーンは6月に入ると最高気温が25度ぐらいまで上がるそうです。うっとうしい日本の梅雨から1週間だけでも離れられれば、気持ちよさそうですね。

6月8日(土)羽田発・6月14日(金)ウィーン発

この前の週の6月1日出発は、すでにビジネスクラスは空席待ちでした。

6月15日(土)羽田発・6月21日(金)ウィーン発

ビジネスクラス・エコノミークラスともに空席ありです。

6月22日(土)羽田発・6月28日(金)ウィーン発

ビジネスクラス・エコノミークラスともに空席ありです。

なお、6月29日(土)羽田発・7月5日(金)ウィーン発は、復路のビジネスクラスが空席待ちでした。

7月:エコノミーor平日発着なら空席あり

土曜羽田発・金曜ウィーン発のビジネスクラスは現在全て空席待ちでした。また、日曜羽田発・土曜ウィーン発のビジネスクラスも同様でした。

やはり7月になると一気に人気が高まりますね。

ただ、エコノミークラスであればほとんどの日程でまだ空席がありましたよ!

また、火曜出発・木曜着などの一般的に利用者の多くない曜日であればビジネスクラスでもまだまだ空いています。

8月:エコノミーor平日発着なら空席あり

8月も、7月と同様に、週末発着のビジネスクラスは空席待ちばかりでした。

金曜出発だと8月23日が空いているのですが、帰国便になかなか空きがありませんね…

お盆休み出発だと、8月14日(水)から空きが見つかりました。8月14日(金)羽田発・8月21日(水)ウィーン発に空きがあります。

または8月23日(金)羽田発・9月1日(日)ウィーン発はいかがでしょうか?木曜の深夜に出発し、たっぷり1週間滞在し、月曜の早朝に帰国するという行程なので、ちょっと休みづらいかもしれませんが。

まとめ:6月下旬までは週末でも空席・7〜8月は平日なら空席

いかがでしたか?普段はなかなか取れないANAのヨーロッパ直行便が、今ならまだ比較的取りやすい状態です。特に6月は週末出発・到着でも空きがあります。

今回の記事では1年近く先になってしまうので、9月以降の空席情報は紹介しませんでしたが、当然ながら7〜8月よりは確保しやすい状況にあることと思います。

この機会を逃さず、早めに旅行の予定を立ててみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする