年末年始はインドへ

今年の年末年始はインドを訪問予定。冬だから暖かいところへ行きたいなぁと思いつつも、すでにアジアの大体の国は旅行済み(バングラ、ミャンマーはまだ)。まだ行ったことがないところをと調べるうちに、インドがまだだったことに気が付きました。

北部を中心に定番の都市を巡る

現在予定している行程はこんな感じ。

  1. デリー
  2. アーグラー
  3. チャンディーガル
  4. バラナシ
  5. コルカタ

インド北部をメインに、西から東へ横断します。よくばってネパールのカトマンズを入れることを検討したものの、安い航空券がなく断念しました。

ちょっと変わった選択としては、デリーから約250km離れた街・チャンディーガル。ブラジルのブラジリア同様、コルビュジェが都市を丸ごと設計したという街。学生時代、講義で何度か目にした地名なので、ぜひとも今回見ておきたい。

2年ぶりの中国東方航空

中国東方航空

今回は安いだけが取り柄の中国東方航空。2年前のカンボジア・プノンペン行きのチケット以来、2回目の利用です。あの時の帰りの便は、プノンペン→南寧→昆明→上海→大阪という、安いなりのしんどさを伴ったわけですが、今回もそれに近いものがあります。

  • 往路 12月24日(土)
    MU730  KIX 09:40 – PVG 11:25
    MU5812 SHA 16:10 – 19:50 KMG
    MU555 KMG 23:50 – CCU 23:40
  • 復路 1月3日(水)
    MU556 CCU 00:30 – KMG 05:45
    MU747 KMG 08:05 – PVG 11:00 – KIX 15:40

価格は42,440円。3万円台とまではいかなかったものの、かなり安い方かと。往路を30時間オーバーにすれば、3万7千円のものもあったけれど、さすがにそれはないな…

で済めばよかったのに、酔った勢いで購入ボタンをポチッとしてしまったせいか、よく見たら帰国日が予定より1日早い1月2日になってる!せっかく取れた休みを最大限利用したいため、翌日にエクスペディアに電話して変更してもらいました。手数料5,000円+差額3,000円と、余計な出費…

理想の便としては、一旦成田または香港へ向かい、スターアライアンスのエア・インディアに乗りたかったのですが、何度検索しても12万円台だったので断念しました。ANA便も言わずもがな。

往路では初めての空港移動。上海・浦東は何度か使ったことがあるものの、虹橋は初めて。5時間弱の乗り継ぎ時間があるため、前回2012年の旅行では建設途中だった上海中心大廈を見てみたいけれど、リスクを考えると寄り道はしないほうがよさそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする